視覚障害者向けコース 上肢障害者向けコース 知的障害者向けコース 精神障害者向けコース 聴覚障害者向け(手話)コース 聴覚障害者(中途失聴・難聴者)向けコース

障害別パソコン講習会

障害の種別ごとのパソコン講習会です。パソコンの基本的な使用方法を全4回の課程で学んでいきます。講習時はマンツーマンの体制を基本としておりますので、はじめての方でも安心していただけると思います。併せて毎月3回、パソコン学習会(相談会)も実施しておりますので、講習修了後に個別のご相談にも応じることが可能です。なお実施時期につきましては、各コース4回の課程で、年間を通していずれかのコースを実施しておりますが、各コースの実施日時等は不定期になりますので、お問い合わせください。

募集のご案内につきましては、八王子市広報「はちおうじ」および当センターのメールマガジンお知らせブログに掲載します。

視覚障害者向けコース

画面の状況を読み上げるスクリーンリーダーソフトを使い、マウスは使用せずにキーボードのみでパソコンを操作する方法をはじめに学習します。スクリーンリーダーでの操作に慣れてきましたら、文字入力・メール・インターネット閲覧等を学習していきます。

上肢障害者向けコース

参加された方に合わせて、入力補助装置を利用しパソコンの操作を学習していきます。入力補助装置は、なるべく一般の商品で入手可能なものを試し、操作しにくい場合は手作りのものを使用する場合もあります。入力補助装置はソフトウェア・ハードウェアの両面からアプローチしていきます。操作に慣れてきましたら、文字入力・メール・インターネット閲覧等を学習していきます。

知的障害者向けコース

はじめにお絵かきソフトを利用し、マウスの操作に慣れていただきます。漢字にふりがなをふるソフトを利用し、メールやインターネットの閲覧やグリーティングカードの作成などを行います。使用するソフトはアイコンやイラストなどで操作がわかりやすいものを選び、講習内容も楽しんでパソコン操作を覚えられるような構成を心掛けています。

精神障害者向けコース

パソコンに多く触れていただくことを目標にマウスの練習、画面の見方、画面の操作、終了の仕方など、ごく基礎的な操作操作から学んでいきます。生活の中でパソコンを利用する方法として、Wordを使い季節のお見舞いや、年賀状ハガキなどを作り、便利さを体験していただきます。

聴覚(手話)障害者向けコース

普段から手話を主なコミュニケーション手段としている方に講師をお願いしています。基礎的なパソコンの操作からメールやインターネットの閲覧、Wordを使ったチラシ作りなどを学んでいきます。
講習は手話のみになります。音声や文字による通訳は付きません。

聴覚(中途失聴・難聴者)障害者向けコース

磁気ループや筆談など使い、パソコンの基礎からマンツーマンで学習していきます。参加される方のペースに合わせて、ゆっくりと学習を進めていきます。

お申し込みから受講開始までの流れ(各コース共通)

  1. 募集案内が掲載されます。(不定期)
  2. 案内をお読みいただき、往復ハガキに必要事項を記入して、締切日までに当センターへお送りください。
    (視覚障害者向けコースはお電話等でのお申し込みになります)
  3. 締切後、応募者多数の場合は抽選を行います。
  4. 抽選結果をハガキでお知らせします。
    (抽選で選外になられた方は、大変申し訳ございませんが次回募集の際に再度お申し込みください)
  5. ハガキの内容をご確認いただき、初回の日時に当センターへお越しください。

ご留意事項

このページTOPへ